山で焼肉!?テンマクデザイン「男前グリルプレート」 

ギア

やっぱり肉が食べたいっ!

山頂でのランチにカップラーメンや、オニギリ&味噌汁をオススメという記事を書いておいてなんなんですが、やっぱり焼肉って最高じゃないですか?

たしかに、カップラーメンや味噌汁といえば手軽で簡単で時間の短縮にもつながります。

我が家のような時間に制限がある(子供たちの下校の時間までに帰宅)と手軽なものにしてしまいがちです。

が、時間があればもう少し凝った料理を作って食べてみたい!

漫画「山と食欲と私」に登場するような美味しそうな料理を作ってみたい!
というのが本音です(笑)。

イチサン
イチサン

やっぱり肉が食べたいっ!

最初から凝った料理を作るのはレベルが高いという事で、単純に「肉を焼く」という行為にでた我々です。

テンマクデザイン【男前グリルプレート】

我が家がよく利用させていたいだいている

全国に展開しているアウトドアショップ、WILD-1
そのWILD-1のオリジナルブランドが「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン」です。

今回紹介したいギアが、

テンマクデザイン「男前グリルプレート」

です!

簡単に言えば、バーナーで肉を焼くためのコンパクトな鉄板です。

  • サイズ 207mm×143mm(深さ9mm)
  • 重量  本体(約)875g
  • ハンドル、コットン収納袋付き

これが最高なんです!

最高な理由。

よく夫婦で登山に出掛ける我々にとって最高なサイズ。
1~2人で肉を焼くのに丁度いいサイズが最高!

鉄板とハンドル
嬉しいコットンケース付き

コンパクトなサイズながら、焼き面は波型の形状になっていて余な脂を落としてくれます。

鉄板で焼くというのは網焼き等と違い熱をダイレクトに食材に伝えることなく、鉄板に蓄えた熱を安定して均等に食材に伝えるので肉が美味しく焼けるという事だそうです。

確かに、男前グリルプレートで焼いた肉は美味しい!

家で肉を焼く時もちょいちょい男前グリルプレートを使ってしまいます(笑)。
(家のコンロで使う場合はかなり油が飛び散るのでご注意ください!)

イチサン
イチサン

なにより値段がお手頃というのも最高に魅力的ですね!

肉を焼きたい欲がアップするギア。

男前グリルプレートを購入してから、肉を焼きたい欲がアップします(笑)。
事あるごとに男前グリルプレートを持って行って肉を焼きたいと思ってしまう。

これは、あると思いますっ!
僕だけではないはず!

だって、男前グリルプレートで焼く肉は美味しいんですっ!!!

使用前の注意として。
鉄板なので使用する前にはシーズニングという作業が必要です。
鉄板を熱して油を馴染ませる工程です。

少し面倒でも錆止めとしてこれはやるべき事です。

男前グリルプレート、一家に一台あってもいいギアだと思います、オススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました