【オススメの児童書】『おしっこもらスター』が子どもに大ウケ!

『おしっこもらスター』が子どもに大ウケ!のタイトル画像 育児

『おしっこもらスター』という児童書を買いました。

我が家の小学一年生男児は読書をあまりしません。
動画ばかりみて読書をしない現代っ子。

そのせいか読解力がそんなにないようで、国語や算数の文章題で

『問題の意味がわからない!』

と泣いています。

無理強いはできませんが、親としても読書をしてほしいんですよね…。

読書は楽しいし、読解力や語彙力、集中力、想像力も身についてくると思うのです。

そんな息子がはじめて一気に読んで大笑いした児童書。

それが『おしっこもらスター』です。

絵本以外の本をはじめて最後まで読んだのです。

『おしっこもらスター』はどんなおはなし?

授業中におしっこをもらしてしまた主人公のよしお。

公園で落ち込んでいると、ネコが言った
『そんなときは歌にするんだ』と。

しかたなく歌うと、聞いていたおじさんにお店で歌ってほしいと頼まれる。

よしおの歌はたくさんの人の心に響いて大人気に…。(あかね書房HPより)

小学生が学校でおしっこをもらしてしまったら超最悪!

恥ずかしいですよね。
クラスの嫌われ者になったらどうしようと、内心大事件だと思います。

ところが、主人公のよしおは嫌われ者ではなくスターになってしまう
『おしっこもらスター』
なんておもしろい設定でしょうか。

ミュージシャンの星野源さん、小学生の時におもらしをしてしまい、
暗黒時代に突入したというエピソードを聞いたことがあります。

自分がもらしていなくても、クラスの子がもらしてしまったとか。
誰にでも身に覚えがある事が題材になっています。

『おしっこもらスター』歌詞も最高♪

『おしっこもらスター』の書籍の帯についているキャッチコピー

はずかしいことも、歌にしちゃえば、立ち直れる!?
はずかしさをかくさず、失敗とむきあう男の子のお話。

よしおがネコの勧めで作った『おしっこもらスター』の曲、
歌詞が最高で、子どもの心をわしづかみでした。

息子はオリジナルのメロディーをつけて、1日中歌っていました。

キザでクールなネコのキャラも、ちょっとシュールなおじさんのキャラも面白いです。

多くを語りたいところですが、ぜひ手に取って読んでいただきたいです!

『おしっこもらスター』作者は田中六大さん

作者の田中六大(たなかろくだい)さんは漫画家・イラストレーターとしても
ご活躍されているそうです。


読み終えてから、漫画も描かれている方と知って妙に納得しました。
大きな教訓や説法のようなものは一切ありません。

そこがいいです。

子どもが大好きな『おしっこ』『おなら』『うんち』が登場するので
自称読書が苦手な息子も一気に読んで大喜びしたのだと思います。

※『おしっこ』『おなら』『うんち』が出てきても、
絶妙に下品な感じはないので、そこもオススメ!よき!


なんだか読んで元気になるし笑っちゃう、とってもおもしろい児童書でした。

小学校低学年の子ども達にぜひ読んでほしい~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました