子どもとの登山で気を付けること っ(‘ω’)ノ

登山

意思確認『山登りする?』

山に行く時間ができそうになったら、子どもに

『山登りする?』

と意思確認します。
うちの子だけではないと思うのですが、子どもって気分屋だしマイブームがあるから

『今日は家でレゴしてたい』

なんてこともあるかも。
親のエゴで連れていくことがないよう、必ず聞きます。

年中~小学校低学年の『体力問題』

個人差があると思うのですが、子連れだと

コースタイムの『1.5~2倍』の時間がかかります。

我が家では歩く速度より、虫や植物の観察で時間がかかります。
時間がかかるけど、子どもの好奇心に親も楽しませてもらっています。
ゆとりをもったタイムスケジュールをオススメします!

一番の敵は『退屈』である。

子どもは疲れてきても、面白そうな道になっただけで急に張り切って登ったり、看板が見えると走り出したりします。
山道で展望がなかったり、ひたすら同じような道だとなんだか退屈になって飽きてきます。
そこで、

  • 地図
  • 双眼鏡
  • 虫眼鏡

など、ちょっとしたアイテムがあると楽しんで登ってくれます。

子どもがそそられるワード『伝説』『大冒険』

我が家ではそそられるワードをつけると盛り上がります。
例えば、

  • 伝説の切り株はどこだ
  • 最強のおやつを探す大冒険!
  • 真の勇者は誰だ⁈

そんなRPG的なワードを使ってテンション高めに楽しんでいます!

それでも、安全第一で!

子連れ登山は道中の安全にとても神経を使うので、

子ども一人につき、大人一人が付くと安心です。

目標地点を決めて、たどり着いたらオヤツにしたり、みんなで頂上でご飯を食べたり、
親子ともに安全で楽しい登山にしたいですね。

コメント

  1. […] 子どもとの登山で気を付けること っ('ω')ノ意思確認『山登りする?』山に… […]

タイトルとURLをコピーしました